So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

車 買取 おすすめ [車 買取 おすすめ]

車の買取サイトって結構多いんですね。

これだと、これから車を買取査定しようとしている方にとって
どこへ頼んだら良いのだろうと迷いますよね。


私が個人的におススメするのは
かんたん車査定ガイドという一括査定サイトです。

ここはJADORIに加盟している業者さんばかりなので
他に比べて安心じゃないかと思います。

JADORI⇒優良業者なので、そうでない業者は
いませんのでご安心を!

私が使った時も、一切しつこさが無かったんで
安心出来ましたよ。


アップル 車買取 [アップル 車買取]

アップルの車査定って以前、一括査定の時に
お世話になりました。

といっても6社くらいの中の1社だったんですが、
丁寧な応対で、好感が持てました。

ネットでも丁寧だという口コミも多かったのですが
その通りでした。

マニュアル通りでも無いし、結構踏み込んでくるので
本気度を感じました。

アップルさんはローンが残ってると名義変更なども
無料でやってくれるんですよね。

そこが他の業者とちょっと違うんでしょうが、
高額査定だけを考えたら、そこまで高くは無く
平均程度でした。

名義変更の手数料などもその金額に含まれてるんかな?と
思ってしまいました。

自分の車は、たまたま高く買い取ってもらえませんでしたが、
やはり1社だけの見積もりだけだと、高くなるケースもありますし、
安くなるケースもあるんだろうなと思いました。

ただ、その価格差が5万円だと、まあいいやとなりがちですが、
それが、20万とか30万とかになってくると
多少手間はかかるものの、馬鹿に出来ない金額になるなぁと
思いました。

一括査定も色々特色ありますので、自分に合ったところを
選ぶと良いですよ。

車買取 口コミ [車買取 口コミ]

自動車

ディーラー下取りより、車買取会社の方が
高く買い取ってくれるんでしょうか?


車買取の経験ある方の口コミによると
10万、20万買取業者の方が高かったというだけでなく、
40万、50万も違ったということもあるとか。

驚きですね。

業者によっては、販路が国内だけでなく
海外にも輸出しているところもあるようです。

流通量をたくさん持っているところが
高く買い取ってくれるようです。

業者によってそれぞれ違いますから
買取の業者は2社、もしかは3社程度は
選んで見積もりした方が良いと思います。

一括査定は買取業者も大手からフランチャイズ、
そして地元の業者とあります。

大手ほど値段が高いということではないので
気をつけましょうね。



車 買取 情報 [車 買取 情報]

車の買取で驚きの情報が!!

車一括査定ズバット車買取情報サービスが
19日発表したところによると
何と車買取を経験した672名のうち
92%がディーラー下取より
買取専門店の方が高かったとか。

しかも平均金額差は何と17万円!

これから、車の買い替え新車中古車買う予定の方は
車買取専門店を上手に使わないと損しますよ。


タグ: 買取 査定

車 買取 一括査定 [車 買取 一括査定]

車の買取査定、一括査定は実際どうなんでしょう?

ネットで検索するとホントたくさんの一括査定サイトが
出てきますよね。

一見同じように見えて、実はそれぞれ
違いがあるんですよ。

私の一番のおススメは
メールで連絡できるサイトです。

理由は簡単、仕事が忙しいので
仕事中に電話をもらいたくないからです。

一括査定の中にはカーセンサーや
カービューなどのようにメールでの連絡に
しているところもありますので、
忙しい方には便利と思います。

要は使い分けが出来るんで
自分に合ったサイトを選べば良いと思います。

具体的な詳細はまた書こうと思います。



車 買取 見積もり [車 買取 見積もり]

車の買取での見積もり価格を調べておくことは
とっても大事です。

車を買い替えの時など、下取価格を提示されたときに
前もって、車買取専門店で自分の車査定金額を
知っておくと、提示された下取価格が
適正かどうかが良くわかります。

大体は、下取価格は安く設定されるので
下取り価格を交渉してから、新車の交渉した方が
はるかに交渉しやすいです。

もし、下取価格が折り合わなかったら
下取り無し、車両本体のみの価格交渉すると
良いですよ。

買取専門店へ行くのも気が引けるなら
ネットの車買取査定や一括査定で
見積もってた方が良いです。

必要情報を1分くらいで入力すると
概算金額はすぐわかりますよ。

これをやっとくだけで、10万位すぐ差がつきます。

おススメです。


タグ: 買取 査定

車 買取 査定 [車 買取 査定]

車を買取査定してもらうには、地元の
いわゆる中古車屋や買取専門店を探して行けばよいの?って
聞かれることもあります。

もちろん、自宅近くの地元の業者で
優良なところがあれば、そこに持って行って
査定してもらえれば良いでしょう。

しかしながら、車業界、特に中古車業界って
結構色んな所があるので、最初から完全に信用しない方が
良いです。


日本自動車査定協会(JAAI)っていう財団があります。
各県にある財団です。

こういう所で査定すると
普通車で7,020円~9,720円
軽自動車で5400円かかります。

また、別途出張費用が2000円~4000円程度かかる場合も
あります。

こういう所で査定してもらうと査定証みたいなものを発行しますが、
正直、あまり役に立ちません。

というのはここでの価格は結構あいまいで
業者寄りの価格を出すことが多いからです。

実際の買取専門店が200万なのに、ここ日本自動車査定協会が
150万ってことがありました。


無料で査定、そして高く買い取ってくれる業者があるのに
残念なことです。

車 買取 無料 [車 買取 無料]

車の買取査定は無料です。

これは買取専門店へ行っても、インターネットで
車一括査定へ依頼しても同じです。

しかしながら、出張の買取査定はそうではありません。

私が、買取査定をネットに依頼した時には
必要条件を一通り入力して概算金額を把握することが
出来ました。

しかしながら、概算はあくまでも概算です。

実際に自分の愛車を正確に知りたい時には
出張査定となります。

その出張査定は査定会社によって様々です。

無料の所もあれば、条件付きの所もあったりと
マチマチでした。

さすがに有料というところは無かったですが。


条件付きというのは車を当社で買うという条件なら・・・というものでした。

そうなんです。

査定、買取だけではなく、クルマ(中古車)を買ってくれるのを
条件ならというんです。

その会社名は今は、言いませんが、1社ではありませんでした。

当時は『そうか、それが狙いなのか』と思ったものです。

車の買取だけでなく、中古車を売れたら一石二鳥、
利益も2倍ということです。

会社の方針なのでしょうが、
私はその会社には査定は頼みませんでした。


意外だったのは地元のフランチャイズ店でした。

フットワークも良く、親身に対応してくれました。

頼んでみないとわからないものですね。
タグ: 査定 車買取

車 買取 高い [車 買取 高い]

自分の愛車を新車に買い替える人が
この時期多いですね。

そんな中で良く聞くのが
下取り価格が安かったという話です。

大体はこれくらいの価格で引き取ってくれるだろうと
思って下取を出すんですが、
ディーラーの営業さんが持ってくる価格が
意外と低い!

っていうか、こんな価格なの?って言うくらい安いんですよね。

それもそのはず、その下取価格っていうのは
かなり安く抑えつけられた価格なんです。


昔、新車を買う時はそのままの価格で買ってたのが
いまは100人中100人が値引きを言います。

ですから、ディーラーも頭絞って、下取価格を安く抑えて
その分を新車の値引き金額にあてると
あたかもかなり値引きをしたように見えるから不思議!

良く頑張ってくれたわね!となって契約しやすいってことです。

これが下取のからくりですが、
最近はこういうことが一般のユーザーさんにも
知れ渡ってしまい、こういうことが通用しなくなってきてます。

ですから、クルマの下取を高くしてもらうのではなく、
車の買取専門店で高い価格をつけてもらい、
新車は新車で下取無しの車両本体、オプションだけの値引交渉を
するのが賢いやり方と言われてます。

それでも、面倒くさいと思う方は、
ディーラーに下取+新車値引き交渉をする方は多いです。

つい、先日も会社の同僚が
『なかなか安くしてくんねんだよなあ』と
ぼやいてましたが、まさにそういう人がいるのも事実です。

私が色々アドバイスしても、面倒くさいと思ってる人は
いるんですね。

でも、下取価格が10万円としても、同じ車が買取専門店だと
40万もしたというのはザラにある話なんですよ。

まあ、その同僚みたいにお金があって
面倒くさいって思ってる人は、何言っても耳貸さないんでしょうが、
もったいない話ですよね。


そんなに差がつくはずがない!って思い込んでいるので
行動に移さないんでしょうが、私だったら、30万円も
差が付く可能性あれば、すぐやりますけどね~。

実際はそうやって、高く買い取ってもらいましたし。


まだまだそういうことを経験してなくて、
少しでも愛車を高く買い取ってもらいたいと
思ってる方も多いと思いますので
これから、体験踏まえてお話ししていこうと思ってます。



-|2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。